FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

「中村とうようアンソロジー」 


中村とうようアンソロジー 2011年 10月号 [雑誌]中村とうようアンソロジー 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/09/17)
中村 とうよう

商品詳細を見る


中村とうようさんが亡くなってから2か月で
やっと、この本が出版されました。
なので、僕も記事として中村とうようさんのことを
遅まきながらアップする気になりました。


僕の中では・・・
中学生の後半
ボブ・ディランの事や、アメリカン・ミュージック
日本語のロック、はっぴんえんどなどの事を知る中で
アメリカの「ロック」を旅してゆき
南下し海へ出て、島を巡るようになったころに
ブルースやワールドミュージックを
「古い音楽でなく、未知の音楽として」紹介してくれて
音楽、ロックを聴く道筋をいつも先導していった方です。

評論家への評論や
ワールドミュージック関連ばかりを取り上げるような
記事や追悼文が多くて閉口するなか
本家本元は、ちゃんと60年代後半からの記事を
そのままの形で載せてくれたことに拍手を贈りたい思いです。

7月4日から始まっている
「中村とうようコレクション展」も寄贈品を中心にした展示会で
貴重だとは思うけど、「世界」にだけを目を向けた企画に
ちょっと腰が重いまま、いよいよ24日までになっちゃいました・・・。


ツェッペリン来日時の熱い追跡
日本のC&Wファンへの苦言
チャリティへの問題提起
1970~1980年代のストーンズ
キャンディーズの解散
ジャズ、ロックのルーツとしてのアイルランド音楽

・・・などなど、その都度
赤いボールペンと付箋紙を片手に
夜な夜な読みふけっていた時代を思い出します。



音楽を本当に必要としてる人は、
好奇心がエネルギーの源になるはずなんですね。
ところが今の若い人たちの音楽の聴き方は、
友達がこれを聴いてるから自分もそれを聴かなきゃならないと
まわりに全部合わせてしまうみたいな形です。
また、音楽を作ってる業界の方もそういう形で
まわりに広まりやすいような音楽しか追求しない、
作らなくなっているような気がする
んですよね。
こういう状態が続いたら、音楽がおもしろい方向に発展していくのか
ちょっとお寒い感じがしています。
でも、自分が生きてる間に音楽がどこに行くのか
音楽のこの先を見届けていかなきゃいけない
という気持ちがすごくあります


           中村とうよう「音楽主義AWARD」インタビューより


中村とうよう氏が考えたニューミュージック



関連記事
スポンサーサイト



Comment

Name - noboru  

Title - 多分・・・

両方でしょうね。

ただ、そこに自然にやってくる老いを
この人がどう受け止めていく覚悟だったのか
そこをいつか聞きたかったけど
この死がひとつの回答か・・・?
と、愕然とした死でした。
2011.09.21 Wed 00:28
Edit | Reply |  

Name - まっちぼん  

Title - 追記:もしかしたら、

音楽が益々つまらん方向に衰退してくのを嘆いての選択だった?



なんたってミスター音楽ですもん・・・
(音楽知り尽くしてるという意味で)





2011.09.20 Tue 13:08
Edit | Reply |  

Name - まっちぼん  

Title - 同意見です!!!

音楽を本当に必要としてる人は、
好奇心がエネルギーの源になるはずなんですね。
ところが今の若い人たちの音楽の聴き方は、
友達がこれを聴いてるから自分もそれを聴かなきゃならないと
まわりに全部合わせてしまうみたいな形です。
また、音楽を作ってる業界の方もそういう形で
まわりに広まりやすいような音楽しか追求しない、
作らなくなっているような気がするんですよね。
こういう状態が続いたら、音楽がおもしろい方向に発展していくのか
ちょっとお寒い感じがしています。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

でも、自分が生きてる間に音楽がどこに行くのか、
音楽のこの先を見届けていかなきゃいけない
という気持ちがすごくあります


だったら道半ばだったのでは?
ずっと見届け続けて欲しかっただけに残念ですね
ただ、
故人には心よりご冥福をお祈りします


2011.09.20 Tue 12:19
Edit | Reply |  

Add your comment