FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

そして・・・「ユキノシタ」 

yukinositaa

なんか、怖いくらい綺麗な花だな・・・

ぎゃんちゃんは、ダブル・ミーニングと
かけた事が露骨にならないように
「雪ノ下」でも「ユキノシタ」でもなく
「雪の下」と書いて、歌詞の中の実にうまく閉じ込めています。


■地名:「雪ノ下」の由来
ググッってみるとイロイロ出て来ますが
まとめると・・・

京の都に比べると雪景色が少ない鎌倉で
雪が見たかった源頼朝のために
家来達は山に白い布を沢山張って、雪に見立てていたそうです、
その山のふもとが雪ノ下と呼ばれるようになったらしいです。

また、このあたりは「ユキノシタ」という草が多くはえていて
その花の名前からとったという説もありますが
その白い花が、山一面に咲き乱れた様子は、
まさに雪が降り積もったかのようであり
その花を植えたのも頼朝の家来たちかも知れません。

なお、鶴岡八幡宮にある古い書物によると、
頼朝の食事に雪を出すため、雪を貯蔵しておく雪屋(ゆきや)を
今宮(八幡宮の裏)あたりに保存したためともいわれています。
頼朝の「雪好き」がそもそもの由来であるのは間違いなさそうです。


yukinositab

■「ユキノシタ」
花言葉:情愛・深い愛情・切実な愛情・好感・軽口・無駄

ユキノシタ科ユキノシタ属の中国、日本原産の多年草で
北海道を除く地域に広く分布しています。
日陰で湿った岩場などに自生します。茎葉に繊毛を持ち、
6月頃小さな白い花を咲かせます。俳句では夏の季語とされています。

1年を通して常に葉が採れるため古くから民間治療薬、
また葉は山菜として味噌和え、煮物、おひたし、天ぷらなど食用として
利用されます。また葉を乾燥したコジソウ(虎耳草)は利尿、消炎効果が
あるとされ漢方薬として利用されます。

葉は、天ぷらやおひたしなどにして食用にされるほか、
やけどやはれ物に効く薬として利用されていました。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Name - noboru  

Title - ~

さすがです。
これ見逃すと、また年末まで
見れなくなりますからね。

僕は発売初日に整理番号取りました♪
2011.01.06 Thu 02:26
Edit | Reply |  

Name - SKY ONE  

Title - 関係ないけど

スムースエース、完売ですって
2011.01.06 Thu 00:39
Edit | Reply |  

Add your comment