FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

1分間のおやすみなさい:第三十一夜(掟破りの週末番外編)「孤独の向こう」 


■第三十一夜(週末番外編)「孤独の向こう」

ひと回り違うネズミ年仲間、平原綾香への提供曲
彼女にとっての「孤独」っていうものを知りたくて書いた
と話してる、今や自分の弾き語り曲としても外せない名曲。

「私自身も人に甘える気持ちがありながら
ある部分では、いつも一人で解決しなきゃいけないと思うことと
ぶつかり合う気持ちがあって
そういう中で生まれた気持ちを歌った曲です」


僕が初めてこの曲を聴いたのは「letters」発表前のライブ
2008年6月8日お台場「VenusFort 2F 教会広場」
もうこの時すでにシッカリと自分の演奏曲になってたけど
知ってる限りの初お披露目は・・・その2か月ほど前
今はなき(残念)「川江美奈子スタッフ・ブログ」でのアップ
今も時々続く、ぎゃんちゃんの「訪問ライブ」を初めて知った記事。

「お詫びがわりに・・・」とスタッフの方が書き添えてくれたセットをみて
「すごいなあ・・・!」と、思った記憶が鮮明。
(・・・すっごいセットでしょ?)
ここでの1曲に選ばれた「孤独の向こう」です。

以下「れぽみなこ」からの転載です。



kodokunomukou1122

2008年4月27日(日) 
from 川江美奈子スタッフ・ブログ

今日は川江が「師友塾」という学校へ歌を届けにいきました
川江の歌を生徒やご父兄に聴かせたいという先生の希望もあり、
声をかけていただいて実現しました。
いろいろな思いを抱えながら、大切に一言一言聴いてくれて。
笑いあり、涙あり、
どの曲を歌おうかと、じっくり考えた時間の分、思いは届いたと思います。
たくさんの方と、これからも出会っていける予感がした一日でした
これからも、多くの人の心の、
いちばん近くに・・・川江美奈子の歌が響きますように。


日頃川江を応援してくださっている皆様へは、
皆様をお招きできるライブではない事を心からお詫びします。
お詫び変わりにセットリストを・・・。

1、桜色舞うころ
2、宿り木
3、孤独の向こう
4、ピアノ
5、Relationship
6、ずっとはるかあなたと
7、春待月夜
8、誰かが誰かを(アカペラ)
ec、しあわせ

今日は昼間、師友塾という学校で弾き語りライブ&トークしてきました。
それまでの学校にそれぞれの理由で行くことをやめてしまったり、
馴染めないでいたりする子たちが通ってる学校です。
そこで音楽を教えてらっしゃる先生が私の唄を聴いて下さったのが
きっかけで、お誘いいただきました。
生徒さんも親御さんも先生もスタッフのみなさんも
笑顔に満ちていて目がきらきらしてて
唄い終わったあとはその場で感想や質問をたくさんくれて
私もついべらべらお話しさせて頂いて
緑がたっぷり見える窓のそばで
とても楽しい日曜日の午後を過ごさせてもらいました。
ありがとう!

川江美奈子
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment