FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

Halftone Music 「SOUZOU」 



Produced by Halftone Music

Words : Minako Kawae川江美奈子
Music : Satoshi Takebe武部聡志 & Kouhei Munemoto宗本康兵
Arrange : Tetsuro Toyama遠山哲朗

Vocal : Minako Kawae川江美奈子
Drums : Toshiya Matsunaga松永俊弥、Yusuke Fujiwara藤原佑介、Jibu Hara原治武
Bass : Yoshinobu Takeshita竹下欣伸、Rokuya Kudo工藤緑矢、Kenta Hamasaki浜崎賢太、Kazuhiro Sunaga須長和広
Guitar : Yuji Toriyama鳥山雄司、Itaru Watanabe渡辺格、Koichi Korenaga是永巧一、Tetsuro Toyama遠山哲朗
Organ:Satoshi Takebe武部聡志
Keyboard : Shunya Shimizu清水俊也、Nobuo Kashima鹿島伸夫
Organ & Synthesizer:Yotaro Araki荒木陽太郎
Chorus:Yuko Yamaguchi山口由子、Nobuo Kashima鹿島伸夫
Mixed By:Yugo Maeda前田雄吾


■「SOUZOU」

自粛の時期から新しい生活様式の時期へ、新たなステップに進む人々に向けて、弊社所属ミュージシャンとスタッフによる
リモートレコーディングにて新企画オリジナル楽曲をレコーディング致しました。
この楽曲が一人でも多くの人に届くことを願い、思いを込めてお届けします。
是非、ご覧ください!!



いつかジョンは歌った
“ 想像してごらん ”
行き止まりの空の下
今僕らに残されたちから

 痛みを超えてゆけるのも
 涙をわすれてゆけるのも
 思わず笑ってしまうのも
 誰かを許してしまうのも

やっぱりSOUZOUするからなんだ
明日をSOUZOUするからなんだ
飛び跳ねる君 あなたの嬉し涙 一緒に歩く道
思い描くことをつづけよう


時にはもう会えないひとに
会うことだってできる
心はもろくてつよい
宇宙より果てしないイノセント

 かなわぬ恋に揺れるのも
 自分がキライと嘆くのも
 歌が思い出を運ぶのも
 もっと生きたいと願うのも

やっぱりSOUZOUするからなんだ
明日をSOUZOUするからなんだ
飛び跳ねる君 あなたの嬉し涙 一緒に歩く道

やっぱりSOUZOUするからなんだ
明日をSOUZOUするからなんだ
背が伸びた君 立ち止まる僕 手と手が離れても
思い描くことをやめないで
思い描くことをやめないで

la la la…

いつかジョンに言おうよ
今だって世界は
想像に満ち溢れていると
傷ついても愛なんだと




20200604SOUZOU

5月の「1分間のおやすみなさい」が終わって
6月に入るなり期待通りあっという間に届いた
川江美奈子&ハーフトーン、もう一つの贈り物。

出来栄えは期待を大きく大きく上回る6分32秒の超大作!
ぎゃんちゃん歌詞は最初から最後までピッカピカ
申し訳ないくらい、隅から隅まで「川江美奈子」

楽曲作りの原案
曲の最初と最後の案が、どんな風に生まれたかは分からないけど
タイトル・歌詞だけでなく、メロディと演奏までも巻き込んだ(?)
「ジョン」そして「imagine」への強いリスペクトに心が震えます

こういう楽曲と演奏を
嫌味なく、見た目で重たくならず
説教臭くならず、押しつけがましくもなく
気持ちよく多くのひとに届ける技は
まさにハーフトーン&武部さん

ぎゃんちゃんの弾き語りに象徴されるように
楽器演奏をただ単に歌の伴奏として上手に合わせるのではなく
「主旋律を繋ぐもの」として、共に響かせ唄ってる。

こういう人たちが時代や流行、一時的欲求に惑わされ翻弄されることなく
「ひとの音楽」を継承できる世の中が、音楽にとって最良だと感じさせる。
そして、その「聴き伝えて楽しみ、心に保存し残してゆく」継承責任は
聴き手である僕たちの「SOUZOU」にかかってると思う。

それはまさに、ジョンの「イマジン」というひとつの楽曲が
「IMAGINE」というメッセージに昇華したように
「SOUZOU」からは、
ミュージシャン、音楽産業関係者の熱い思いが噴出している。


いつも、信じられないほど音楽ファンを思い、引っ張ってくれて
こっち側の立場に立った喜びや、
悔し楽しい裏切りを容赦なく与えてくれるハーフトーン
本当にありがとうございます。

・・・応えるっきゃない。





関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment