FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

1分間のおやすみなさい:第二十三夜「音樂」 



■第二十三夜「音樂」

平原綾香さんの歌を聴くたび
音楽を愛し
音楽に愛されているひとだと思う。
何も考えられないほど打ちひしがれたとき
星のように降り注ぐ音楽を浴びて
生きていることの素晴らしさを
もういちど思い知る
そんな経験がきっと彼女にもあったに違いないと
勝手に確信してこの曲を書きました。
「樂」という字は美しくて
幸せも悲しみも抱えている気がしたので
タイトルは『音樂』と記しました。
彼女の声によってまた
私自身も愛すべき曲となりました。
綾ちゃんありがとう! 

                        川江美奈子

平原綾香 10thオリジナルアルバム
『LOVE 2』 (発売:4月26日)収録の名曲
発売直後には平原綾香のラジオ番組「HEALING VENUS」にも出演し
この曲について語っていますが・・・
ほぼ同じというか、ちょっとかわした感じの内容で

いつの日かすべて忘れ去って
がらんどうの躯になるのなら
たったひとつあなたと聴いた音を
胸に抱いて死んでゆきたい


というこの曲のキラー・フレーズについても

そんな重たいような言葉でも綾ちゃんだったら、
さらっと歌いこなしてくれるんじゃないかなと思って


・・・って感じですが
こここそが「川江美奈子」



571485tu

ぎゃんちゃんの文字・漢字・表現の特徴的なひとつに
「音」があります。
自身の曲でも「音」と「音楽」は両方使っているし
MCなどの言葉使いでも「音」と「音楽」は使い分けています。

この曲の上記フレーズでは
「あなたと聴いた」ものは多分「音楽」なんだけど「音」
曲のタイトルは、
「音楽」を自身で話しているとおりの理由で「音樂」にかえてます。
アカペラやハーモニーに関わってるので
「音」を重ねるとか積むという意味で、「音」が身近にあったのかも知れないけど・・・

この曲と同じ意味合いで「音」が使われているのが
同じように「死」の場面を想像させるかのような「ピアノ」

言葉にならない夜は
ピアノを弾いて
誰もかなわない
空へ旅立つ私のために


これもあきらかにピアノで何か曲を弾くんだろうけど
それは「音楽」ではなく「音」
「楽曲」や「メロディ」でもなく「音」

この曲「音樂」でも
胸に抱いて死んでゆきたいと唄われるのは
あなたと聴いた・・・「音楽」「歌」や「曲」ではなく「音」



ちょうどこの年の12月には
武部さんとの「二人想フ会~1日遅れのクリスマス、アゲイン~」があり
ぎゃんちゃん自身で、この『音樂』を唄ってるのに
僕は残念ながら不参加・・・・★
作者自身の声と演奏で聴いてたら何か解ったかな?

とか、ブツブツ独り言を言いながらも
これまた見事な「かわえ節」の傑作です。







関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment