FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

1分間のおやすみなさい:第十八夜「ずっとはるかあなたと」 



■第十八夜「ずっとはるかあなたと」

こういう究極の言葉とメロディで作られた傑作は
スタジオでもライブでもどっちでも凄くて
録音の良し悪しや、ライブの熱気なんて
もう関係ない!って言っても良いくらい。

他にこのての傑作音楽は
あえて「アルバム」でいえば・・・

ジョン・レノンの「ジョンの魂」
キャロル・キングの「タペストリー」
ジョニ・ミッチェルの「ブルー」
ディランの「時代は変わる」
などなど、数えるくらいしかない。
と、僕は思ってる。

異論を唱える方用に(?)
「と、僕は思ってる」と、書き加えておきますが・・・
不要でしょ♪

もちろん「時の自画像」の最後で聴くのもいいけど
最新型の川江美奈子が、とっても素敵な空気を残してくれたので
これで聴かない耳はありません。

Birthday Special Live 二人想フ会~春待月夜~

241588rtu

出演者:川江美奈子(vo)、武部聡志 (Pf)
日 時:2016年3月8日(火)
会 場:The GLee ザ グリー

>>>e-onkyo■ハイレゾ音源配信
>>>mora ■ハイレゾ音源配信



この曲が、多くのファンの心を打つきっかけになったのは
もちろんあの「伝説のライブ」
とぎゃんちゃんも言ってた
2007年12月7日「夜想フ会~春待月~」(目黒庭園美術館 大ホール)

214785656ehdbtryf

その終幕アンコール
グランドピアノ一発弾き語りでこの3曲

E1.春待月夜
E2.ピアノ
E3.ずっとはるかあなたと


「春待月夜」は、この日のライブのために作られた新曲で、もちろんこの時が初お披露目。この後、どんどん大きく育って支持され、ついにはアルバム「LIFE375」のトップを飾るまでになる、いまや川江美奈子の代表作の1曲。
「ピアノ」は、この年大病を患ったぎゃんちゃんが生死の狭間で作り上げてきた名曲。病の床の中でも、この日のライブが出来ることを夢見て頑張って来たぎゃんちゃんが、必死で辿り着いた無駄を全部削ぎ落した傑作。
そして、「ずっとはるかあなたと」

これで壊れるな・・・というほうが無理で、この3曲の間のMCはもう喋るのがやっとのボロボロで、さすがのぎゃんちゃんも唄い出しても立ち直ることが出来ず、歌も演奏もガタガタで・・・涙を流し言葉に詰まりながらもピアノと一緒に何とか踏ん張って唄い切ったステージは、音楽が人から人へ伝えられる「もの」以上の、言葉では言い表せない「力」をファンに与えてくれました。

それが「ずっとはるかあなたと」です。





関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment