FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

1分間のおやすみなさい:第十七夜「旋律」 



■第十七夜「旋律」

tndur288d

僕がこの曲を猛烈に意識し始めたのは
2006年10月20日の「夜想フ会~藍色の夜~」での
必殺弾き語り「旋律~宿り木」メドレーを聴いてから・・・

昨日も書いたし
ライブで唄われるたびに「好き好き」と書いてるし
思い出も思い入れも思い込みもあり過ぎるので
話し出したらひと晩じゃ足りないし(話さないけど・・・)
書き出したらこの曲だけで、1冊書き下ろせそう(書かないけど)
で、思い出すMCをまとめるとこんな感じ?

○シングル「ピアノ」のカップリング曲
○山梨リゾナーレ「森の調べ」では武部さんと連弾
○レコーディングの時、武部さんが思うように唄えないぎゃんちゃんを叱り、
 スタジオを出て一生懸命散歩して帰ってきて録った曲
○「恋」の続編。
○すごく悩んで音楽なんて聴きたくないようなときに作った曲。 
○「恋」に収まり切れなかった流れ落ちる血と涙を言葉にかえて出来た曲。
○「雨の3曲」として弾き語りで唄われたうちの1曲。あと2曲は「恋」「雨のあと」



雲間からひとすじの光がこぼれてる
音のない世界の中へ 傘を閉じて行くわ


流されて、流されて、失うことだけが
あなたを愛するすべてだと
知っても好きだった



僕の中では、この雨は
リドリー・スコットの傑作
「ブレード・ランナー」の中でずっと降りしきっている雨
夜ばかりのあの映画がはねたあと
明け方、表に出たら
(・・・場所は有楽町か丸の内あたり)
長い1本道
もう、雨があがっていて、
切れ始めた雲の隙間から、地上にふりそそぐ光が
路上の残り雨を照らして光ってるイメージ

「恋」も「旋律」も美しい曲だけど
続けて聴いてみると、結構ドロドロしてきて
ぬかるみに足元を取られそうになります
「恋」に収めきれなかった何かを「旋律」に込めたのか
「恋」には入れたくなかった何かを
何らかの理由で分別して「旋律」に入れたのか
それはぎゃんちゃんにしか解らないことで・・・

耳をたたんで楽曲に集中し
サラッと素直に聴くと、
2曲のとても素敵なラブ・ソングなので・・・

それで良いといえばそれでいいのが川江美奈子
でも、それだと変な後味が残って
気持ち悪いのも川江美奈子
でも、その気持ち悪さを追求する気を
起こさせないのも川江美奈子




関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment