FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

0803 天神夏まつり2018 

天神夏まつり2018
2018年8月3日(金)
福岡市役所前ふれあい広場
櫓(やぐら)ステージ

<初日タイムスケジュール>
16時30分頃から  天神打ち水大作戦(オープニングイベント)
17時00分      開場
18時00分頃から  森山直太朗スペシャルライブ&真夏のガラポン大抽選会
18時30分頃から  鼓舞猿
19時00分頃から  カバーソウルライブ
19時45分頃から  カラオケ大会
20時10分頃から  SAME OLD UPSTAIRSライブ
20時30分頃から  盆踊り
22時00分       終了

やぐらステージイベントのトップバッターとして森山直太朗さんが登場!
8/22リリースのアルバムをご予約いただいた方が参加できる大抽選会も!
[森山直太朗]
1976年4月23日東京都生まれ。
2003年『さくら(独唱)』の大ヒットで一躍注目を集め、
その後もコンスタントにリリースとライブ活動を展開。
独自の世界観を持つ楽曲と、唯一無二の歌声が幅広い世代から支持されている。
2018年8月22日には約2年ぶりのオリジナルアルバム『822』をリリースする。
http://www.naotaro.com/



0803d

<SETLIST>
1.人間の森
2.どこもかしこも駐車場
3.みんなおなじ
4.夏の終わり


会場1時間前、開演2時間前から
水分補給しながらうちわパタパタ状態で待ち、
何とかステージ右前最前列さっちんさんの真ん前確保。
「森山直太朗スペシャルライブ」ながらも・・・
こんなライブから、スタジアム・ライブまで縦横無尽に活躍する
パーカッショニスト若森さちこさんが(失礼ながら)何といってもお目当て。
3年前東京を出る際の最後のライブはさっちんさんだったので、
思い入れもあり、待ち焦がれてはいたものの
福岡でその生演奏を聴くのは今日が初めて。

開場前のリハーサルから、
そのハーモニーのキレイな声が響き渡り、待ち時間も何のその、
2曲目から登場のさっちんさん!

0803a

直太朗君のボーカルにしっかり寄り添う、
メリハリを効かせたシンプルで確実なリズムと、
その豊かで楽しい音色の差し込みセンスはさすが。
特に、ステージ近くで聴ける今回のようなライブでは、
歌心がある繊細な手さばきや生音もしっかり確認できて魅力倍増です。
新しいネコ入りカホンも拝ませていただき、大満足の30分弱でした。

0803c

新譜が出る新婦直太朗君の歌も40代になり安定感が増し、
楽曲の魅力がより伝わり易くなった感じ、
もともとMCやステージングは超が付くくらいの一流、
今後も長く唄っていける声とたくさんの名曲をもつ良いボーカリストです。

関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment