FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

すべては歌のために/武部聡志 

2186

すべては歌のために
ポップスの名手が語る22曲のプロデュース&アレンジ・ワーク

2,160円(本体2,000円+税)
武部 聡志(著)
(A5判 / 280ページ)
発売日
2018.01.23

内容
武部聡志の足跡を追うと、日本のポップス史が見えてくる
1977年よりプロとしてのキャリアをスタートさせた音楽家、武部聡志による初の単著です。

膨大なアレンジ/プロデュース作品の中から、自身にとってエポック・メイキングと呼べる22曲をピックアップ。「サウンド・メイク」「レコーディング手法」「作曲」「ストリングス・アレンジ」「歌入れ」「音楽監督」、そして「アーティスト・プロデュース」など、あらゆる角度から音楽制作のノウハウを語っていただきました。

また武部をよく知る4名のゲストの方々には、現場における「武部聡志の仕事ぶり」についてお話を伺っています。

本書を通じて浮かびあがってくるのは、アーティストを輝かせることに全力を傾けてきたミュージシャンの姿。それはダイレクトに日本のポップス史へとつながっています。ぜひ、本書で音楽作りの喜びと深みに触れてみてください。

【本の内容】
PROLOGUE プロデューサー/アレンジャーとして大切にしていること
SONG 01 「卒業」斉藤由貴
SONG 02 「あなたを・もっと・知りたくて」薬師丸ひろ子
SONG 03 「Rainy Blue」德永英明
SONG 04 「瑠璃色の地球」松田聖子
SONG 05 「流星のサドル」久保田利伸
SONG 06 「どしゃ降りWonderland」今井美樹
SONG 07 「危険な女神」KATSUMI
SONG 08 「全部だきしめて」吉田拓郎とLOVE LOVE ALL STARS
SONG 09 「believe」山口由子
SONG 10 「サクラ・フワリ」松たか子
SONG 11 「もらい泣き」一青 窈
SONG 12 「ハナミズキ」一青 窈
SONG 13 「僕らの音楽-オープニングテーマ-」武部聡志
SONG 14 「桜色舞うころ」中島美嘉
SONG 15 「Progress」kōkua
SONG 16 「いつか離れる日が来ても」平井 堅
SONG 17 「みらい」ゆず
SONG 18 「さよならの夏 〜コクリコ坂から〜」手嶌 葵
SONG 19 「ANNIVERSARY」JUJU
SONG 20 「心の旋律」有安杏果
SONG 21 「糸」EXILE ATSUSHI
SONG 22 「結婚しようよ」chay

[ゲスト・インタビュー]
長岡和弘(Producer / Director)
一青 窈(Artist)
小倉博和(Guitarist / Arranger / Sound Producer)
今井邦彦(Recording & Mixing Engineer)

[コラム]
80年代のレコーディング時間割
マイク選びもプロデューサーの仕事
ギタリストであり、ベーシストでもあり
スタジオでのストリングス・アレンジ
歌の「つなぎ」



もちろん「桜色・・・」あたりに、
名前だけでもドン!と登場願いたいところ
ま、それで満足はできないけれど・・・。

ただ、個人的には
武部さんの仕事は日本ポップスの王道ではないと思っているので、
その足跡が日本ポップ史にダイレクトにつながるものではないし
FNSや「僕らの音楽」などをみて聴いてきた同時代の若者や
今のポップスを必要としている人には
決して武部さんは「ポップスの名手」ではないと思う。

ユーミンとの仕事
ぎゃんちゃんとの仕事
それがどんなふうに書かれているのか
あるいは書かれていないか
そこいらが「自著」として興味ワクワクです。

12月26日に、渋谷某所で先行販売&サイン会!
なんてのが・・・

ちょっと早いか。

***

Serious Playground

心と魂の道を 私は歩む
私の仕事は 家を造ること
音楽で造る家
想像力を使って
建造道具は音
私のボスは 神・ミューズ

真剣勝負の遊び場(Serious Playground)
私の生涯を捧げる
音楽のためにやってきたの
真剣勝負の遊び場(Serious Playground)
昼も夜も


by ローラ・ニーロ





関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment