かわえうた

会いたい人は海の向こうでも空の向こうでもないところにいるのだ。 minako kawae

0826 夏の終わりの夏祭り ミチコ 

8月26日(土)
「夏の終わりの夏祭り」
フォレオ博多
15:30~

nbm

ミチコさんが代表を務めるという
「福岡ミュージック・エイド(FMA)」の初イベント
そのなかで、ミチコさんも6.5曲(♪)、30分の弾き語りを聴かせてくれました。

2548999



hpp

会場をひとまわりし一服した後
15時には僕も席に着き
ミチコさんの簡単なリハ&音合わせを聴き
15時30分、予定通り
MCのイベント紹介
ミチコさんの紹介があり、ライブがスタートしました。

eaa

土曜の午後のショッピング・モール
子供は走り回るは、オバさんは最前列で弁当食い出すわ
犬は吠えるし、カートはぶつかるという
ほぼストリート・ライブ状態の会場のなか
ミチコさん自身初めてだという、このてのイベント会場で
多分、自分自身の音もしっかり聴き取れず
四苦八苦ではあったと思いますが・・・

rtu

大好きな「リンゴアメ」に始まり
「私の中の」
「脳のしくみ」など
ミチコさんらしい語り口の素敵な曲を
タップリ堪能することが出来ました。

新曲も2曲持ってきてくれて
2曲お披露目してくれましたが
そのうちの1曲
ピアノの「カノン」をテーマにした「カノンのすべて(?)」は
さすがに途中で集中できずストップして
そのまま、とばしちゃいました♪
ま、お楽しみはまた次回・・・ということで
ミチコさんらしい、ライブらしいミチコさんでした。

ミチコさんの音楽で特に特徴的な
ピアノのインタープレイやエンディング等の音作りは
なかなかインパクトがあり、やっぱカッコいいです。
特に今日は1曲目「リンゴアメ」から
2曲目の「私の中の」の流れは、ほぼメドレーで
そのエンディングからイントロへのつなぎは
なかなか迫力があり、実にらしくて楽しかったです。

しっとり聴けるタイブの曲が多いので
やっぱ、夜の静かな会場でドップリ聴きたい感じはありますが
それにしても素敵なボーカルで、充分に魅力的な30分でした。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment