かわえうた

会いたい人は海の向こうでも空の向こうでもないところにいるのだ。 minako kawae

0825 ザ・エンタメ×FlowerTime サマーコラボライブ 

jtisk

ザ・エンタメ×FlowerTime
サマーコラボライブ
2017/8/25(金)
場所:sugertime

<出演者(出演順)>
緒方未佳
伊東和哉
隅谷英士
ゆり




■緒方未佳
aakei

宮崎県出身の素直さがまだ残るSSWですが
ギターの演奏までがとても素直で・・・
そこに、逆のしたたかさも見え隠れするので、
そこが近いうちに顔を出して来そうで面白そうなひと
ただ、カバー曲を演奏するときは、カバーであることを客にことわり
礼儀として元歌のアーティスト名ぐらい紹介したほうがいいかも?


■伊東和哉
nehsy

福島県出身のSSW
ルーパー(?)やウクレレなど
あの手この手と機械的にいろいろ手を加えるのは
個人的にあんまり好みじゃないんですが・・・
そもそものギターの音や、フレットの押さえ方がちょい雑で残念
そっちが目立ちすぎて、バリエーションにとんだ楽しい楽曲も、
大切な歌詞が、こっち飛んでこなくてもったいない。
主役は唄い手であってほしい。


■隅谷英士
sslo0f

以前、ここsugertimeで、ゆりさんと素敵な「枯葉」を披露してくれた
とてもハートの効いたギターを聴かせてくれるかた
ギターとの寄り添い方が優しくて、ちゃんと唄の伴奏になってる
何もしなくても、気持ちで変化をつけようという思いが強く
それがギターの音色に出ているのでハーモニーとなってました。
フラットを押さえる左手を
時々演奏前にブラブラっと振るのは癖ですかね?
それだけが気になりました♪


■ゆり
iuktbn

1.ひとざじ~Alice
数日前に以前のセットをみてて、
「Alice・・・最近全然聴いてないな?」
と思ってたところでの嬉しい選曲
しかも今回はちょっとタイプの異なる2曲をゆりさんのピアノで
転調チックなメドレーに仕上げてきたのが、凄くお洒落でした。
いつも同様「Chim Chim Cher-ee🎵」も効いてました。

sshat

2.歩こうギター弾き語り
ゆりさん初のギター弾き語り。
会場に助けられながらの自然なパフォーマンスがキュートでした。
そして何よりもまず凄かったのが、いきなりの自作&新曲だったこと
(歌詞は、すでにゆりさんの歌詞サイトにアップされてます)
これを出来る人が、こういう風にやることでもう勝負あり☆
ゆりさんの弾き語りになってました。流石。

3.甘い甘い時間
「ビールがダメで、お酒もコップ3分の一で笑い始め
それも飲むのはカルアミルクや・・・」と
お酒のMCが始まるとこの曲
僕はこの曲のゆりさんのボーカルが一番好きです。
とても落ち着いて聴けて、いい意味で年相応の味があります。

4.土砂降り
珍しいんじゃないかな?この締め。
この曲は、何曲か唄った後半で聴く方が
声の気張りがなくて、サビが自然に入ってくる曲。
ラストとは思わなかったけど・・・
もしかしてアンコールまで考慮しての4曲目?と勘ぐってもみたけど
そんなことはしないゆりさんなので、いいセットでした。

<アンコール>
hbags

E1.colorful days
最近のライブで演奏する機会が多くなってる
ゆりさんの曲の中では比較的普通のコード進行の曲。
と、MCでも言ってました🎵



aamti

素直なギター
トリッキーなギター
優しいギター
初めてのギター
4つの楽しいギターを楽しめた
とても楽しい「ザ・エンタメ×FlowerTimeコラボ」ライブでした。

ゆりさんも
久し振りにカバーなし、オリジナルぶっ通し5曲の演奏
良くも悪くもアットホームな「sugertime」の雰囲気のなか
それで、アンコールまで引き出したのは、やっぱ楽曲の力。
それと、ゆりさん本人も話してましたが
熱い主催者魂ゆえに、どこかつくろうとしたり
「ああしよう、こうしよう」になりがちなライブで
ギターお初の影響もあったのか?、演奏にめいっぱい集中し
パフォーマンスが観客(外)にガンガン向き合っていたことが
いいライブにつながりました。
それは熱い観客魂を揺さぶるのに充分すぎる一夜でした。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment