かわえうた

会いたい人は海の向こうでも空の向こうでもないところにいるのだ。 minako kawae

0820 Flower Bastar Music vol.15 

12
Flower Bastar Music vol.15
黒崎井筒屋stage
2017.08.20 12:00START

【出演者(出演順)】
JOE
Afro Needs Songs
井内大輔
おちあゆみ
フクモトダイチ
翔子feat.ゆり
西名太一
くんゆか
石井渚
深草あゆみ
ゆり



今年も北九州・黒崎へ
ゆりさん主催による「 Flower Bastar Music」
その15回目。
僕も九州3年目となり、11名の参加ミュージシャンのうち
今回お初の方は4名。
それなりに全体の流れや、ムードも予想できる中でのスタート。

315

今年後半の僕のテーマは「自分に勝つ」
お昼から夕方まで長時間、座りっぱなしで休憩なし
その酷暑や強烈な陽射に勝つ!・・・という訳ではなく
イロイロね♪

終始音響システムが落ち着かない中
途中でシールドを差したり抜いたり交換したり
演奏の途中でストップし、途中からもう一度演奏し直したり
バランスの悪い中、最後まで勢いで唄い切ったり

主催者、スタッフとしては
暑さも忘れる冷や汗ものだったかも?知れないけど
ゆりさんの充分すぎる周囲への気遣いや溢れるる愛情
そして参加者みんなの笑顔で、
聴いてるこっちとしては、多少のストレスは感じながらも
それをライブの臨場感にかえつつ、溢れる音楽の素晴らしさで
まったく飽きることのないあっという間の5時間でした。
ホントお世辞抜きで♪



■JOE
2066

難しいトップバッターを無難にこなして
周囲の一番最初の空気を笑顔に変えたのは立派でした。
女唄のカヴァーはちょっと似合ってない感じがしましたが
オリジナルをもっといろんなタイプで聴きたいな
という感じの方でした。


■Afro Needs Songs
948

アニソンには全く興味のない僕にとって
下手をすると、ただの独りカラオケ大会のようでしたが
ギターのサポートが居て、救われた感じでした。
もっともっと若さで弾けたシャウトが欲しかったかな?
ちょっと消化不良。


■井内大輔
1056

今回が2回目、Ben Harper&猫好きの「にゃん♪」さん
オリジナルは前回も聴いた2曲だったので
個性的なボーカルを活かした、新しい違う曲も聞いてみたくなりました。


■おちあゆみ
1158

1235

SSW気質の方だと思うので、石井渚さんが作詞・作曲されたという新曲(?)は
ボーカリストとしての新しい唄声を聴くことが出来て新鮮でした。
気ごころが知れてる仲だからかな?
とってもいい曲だし、声質のとってもいい「武器」となる部分が活きてました。


■フクモトダイチ
1398

ギターのインスト。
下手をすると途中休憩&トイレタイムになっちゃいそうな中盤のインストを
インパクトのある演奏で、周囲の注目をよく集めた力演でした.
立って弾くのは大変なのかな?とも思いましたが
曲調の割には、演奏姿勢がなんとも窮屈で楽しそうじゃないのが、発表会みたいで損してました。
押尾さんような笑顔やフットワークがあれば、そこで個性が出せる方じゃないかな?


■翔子feat.ゆり
IMG_3339.jpg

ゆりさんのことを「ゆり!」と呼んでたのが新鮮🎵
そんな高校の同級生をキーボードに従えての熱唱でした。
いつものゆりさんの伴奏とはちょっと違った感じに聴こえて、
フリーな分部やあまりボーカルに寄り過ぎない演奏が楽しかったです。
お互いに様子をみながら合わせる感覚が少ない分、唄も自然で楽しそうだったのが一番。


■西名太一
1477

「親知らず」を抜く手術中に思い浮かんだという「願い事(?)」、
彼なりの平和観を唄った「世界平和」
地元熊本の地震体験を「映画のようだった」と表現して唄った「ゆらり」
どれも優しい笑顔と愛情にあふれた切り口が、すごく「自分」をしっかりもってて魅力的。
それでいてパフォーマンスや唄声、表現技法が観客をしっかりみていて
決して独りよがりにならないところに魅力を感じます。
テーマや題材が変わっても、決してブレることのない視点をもってるところが凄いです。

生きてゆく中で年齢を重ねると、自分の残してきたものや残してゆくものに物足りなさを感じ
時々、将来への不安や老後の見通しの悪さに影響したりするけど
実はそれが決してお金や物ではなく、自分のすぐ近くにある大切なもので
それこそが、自分の本当の財産だってことに気づくことは・・・しあわせで
ちょっと泣きそうになるくらいでした。


■くんゆか
1593

年季の入った3人組。ドリカムのコピーや童謡、オリジナルと器用に会場を沸かしてくれました。
ただ、個人的にはこういう楽しいバンドに限って、
枠の中で弾けきれずにパフォーマンスしてる感じに、欲求不満を覚える部分があります。
箱庭の中で演奏しているような?外に向かうパワーを感じないというか・・・


■石井渚
1647

いや~!いつも変わらずに良いなあ。
もちろん最高の誉め言葉として。


■深草あゆみ
1735

本当にいつ聴いても良い声で、なめらかな唄いまわし。
楽曲にもスパイスがたっぷり効いていて、演奏にはインパクトがある。
ゴチャゴチャいる、そこいら辺の「ギター女子」にはお手本としてしっかり観て聴いてほしい。
上手く言えないけど・・・
しっかりとした「文明」の奥に、長く根付いた立派な「文化」を持つ、アジアの国。
・・・みたいな、実像は謎としながらも、思慮深さのようなものを感じます。


■ゆり
1877

1.夏祭り
僕は圧倒的に大好きなホワイトベリーですが、ジッタリンジンかな?微妙。

2.colorful days
このまえsugetimeで聴かせていただいた時より、全然遠いのに良く聴こえました。
ライブ向きの曲ですかね?唄い込んでいって歌い慣れたころに
ものすごく丁寧に唄っていただくと、すごいインパクトがありそう。

3.迷彩
ゆりさんしかカバーしないだろうな♪と思う、チャレンジングな曲
ギターを弾いてくれた、石井渚さんの「椅子がない!」ということで
急遽ハンドマイクでの共演になりましたが
本当はキーボードもありだったのかな・・・?
ちょい消化不良ながらも、「椎名林檎がすき!」はとても伝わりました☆

4.願い
まだまだ充分に暑い中
イベントの締めにふさわしい終曲でした。


開場にいたみんなの頭上で、「感謝」と「愛情」がクルクル回っていました。
そんな思いや願いが、青空に溶け込んでゆくのをみながら
後ろ髪(ありませんが・・・)を引かれるように、
急行電車の待つ駅に足早に帰らせていただきました。







関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment