FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

Serious Playground 

laura

2000年までにデビューした
キーボード奏者の中から、
ロック/ポップスの世界に大きな影響を与えた人を
30名の筆者が
ひとり20人ずつ順位付きで決めたリストを元に集計し
最終的に編集部で調整して決めた・・・

という
レコード・コレクターズ 6月号
「20世紀のベスト・キーボーディスト/ピアニスト 100」



このての特集は
音楽でも映画でも、つき物なので
嫌いじゃないし、ブツクサ言って否定するほどバカじゃない
・・・と思っているので♪

その雑誌や筆者、評論家等を
「ホ~ッ」と思い楽しむものとしてみて楽しんでます。
若いころは「キネ旬」や「映芸」のベストテンが発表されるたびに
喫茶店で3時間はつぶせたし、仲間と徹夜もできました☆


ベスト10 は
1.キース・エマーソン
2.スティーブ・ウインウッド
3.ニッキー・ホプキンス
4.ブッカー・T・ジョーンズ
5.ビリー・プレストン
6.ジョン・ロード
7.スティービー・ワンダー
8.レオン・ラッセル
9.レイ・チャールズ
10.レイ・マンザレク

・・・100人の中に女性はたった二人。
当然、ひとりは御大キャロル・キング
それでも順位は70位。

そして、もうひとりが
だ~い好きな
ローラ・ニーロ
・・・86位。

その、紹介記事でピック・アップされていたのは、
遺作となった「Angel in the Dark」
1997年に亡くなった彼女が
新しいアルバム制作(オリジナル1枚とカバー1枚)のために
1994年~1995年にかけて録音を行っていた楽曲を
合わせて16曲(+シークレット・トラック1曲)収録したアルバム。

いつ聴いても
表情豊かなピアノと、ソウルフルな歌声に魅了される傑作。
R&Bやキャロル・キング、バカラックのカバーも
実にこなれたアレンジで、彼女の曲になってるし
オリジナルは後期の真摯な歌詞が儚く泣かせてくれます。


Serious Playground

心と魂の道を 私は歩む
私の仕事は 家を造ること
音楽で造る家
想像力を使って
建造道具は音
私のボスは 神・ミューズ

真剣勝負の遊び場(Serious Playground)
私の生涯を捧げる
音楽のためにやってきたの
真剣勝負の遊び場(Serious Playground)
昼も夜も

・・・









関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment