FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

アメリカ西海岸の長~い旅 

ラヴ・ハズ・ガット・ミーラヴ・ハズ・ガット・ミー
(2013/08/14)
ウェンディ・ウォルドマン

商品詳細を見る


ジプシー・シンフォニージプシー・シンフォニー
(2013/08/14)
ウェンディ・ウォルドマン

商品詳細を見る


バリー・ゴールドバーグバリー・ゴールドバーグ
(2013/04/10)
バリー・ゴールドバーグ

商品詳細を見る


ニール・ヤングのライブを買いに行ったついでに
ちょっと棚を眺めてたら・・・こんな3枚
いわゆるワーナーの「新☆名盤探検隊」シリーズで
どれも今回が初CD化!
なので、ニール・ヤングのライブは
最初の2曲試聴して、お買い上げは後回し
1曲目の「テル・ミー・ホワイ」がメチャクチャいい♪
吉祥寺で聴いた、若森さちこさんとBeの素敵なカバーを想い出し
後ろ髪を引かれながらも、ウエストコーストの後輩たちの
アルバムを購入。

ウェンディ・ウォルドマンは・・・
マリア・マルダーの初期のアルバムに何曲も提供して有名になって
その直後に出した、デビュー&セカンドアルバム
もちろん、マリアも参加し、ブリンドルのメンバーの他
ジム・ホーンやラス・カンケルなど名手が勢揃い
70年代のアメリカのウエストコーストロックは、
なんせ演奏が充実してるので、ほとんどハズレがないし
演奏者をみながら、お友達付き合いやラブラブな関係も見えて
あちこちに木の枝のように人脈や音脈が繋がり伸びてゆく感じが
なんとも奥深いけど決して小難しくなく、
何より親しみやすいメロディと歌詞が大好物♪

バリー・ゴールドバーグは・・・
ボブ・ディランがプロデュースした唯一のアルバムとして有名
コーラスでも参加してるし
ここからピックアップされた、ロッド・スチュアートの
「It's noto a Spotlight」が大ヒットして輸入盤がバカ売れ

それでも、この3枚が全部今回が日本初CD化
レコードで出てたと言っても輸入盤だけだし(多分)
当時まだ10代の高校生だった僕は、メディアや音楽雑誌に振り回され
勉強もせずにつまらないアルバム買って
こういう本来聴くべきだったアルバムは
いつの日か記憶の奥底に沈んでいって・・・(情けない)
こうして、40年も経ってから手元に届くと
日本にいてよかったな☆と、思います。
全部最新ライナーノーツと歌詞対訳つきで¥1,200

「名盤」なんてのは個人的なものだと思ってるし
今回の「探検隊」シリーズのパンフにもいい加減なことが
たくさん書いてあって・・・。
これみて買う若い子がいたら不安にもなるけど
出ないよりは数倍いいこと。
探検しなくても普通にショップで売っててほしい。

どの曲にも、
懐かしさとか「当時の音だな」なんて郷愁や古さはまったくなくて、
このレベルの高さが、今のアメリカ音楽をどっかで支えているのは確か。
だから先行き不安で、どうしようもないけど好き。


・・・給料出たら、これ買うさ

ライヴ・アット・ザ・セラー・ドアライヴ・アット・ザ・セラー・ドア
(2014/01/15)
ニール・ヤング

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment