FC2ブログ

かわえうた

スピリットというか、生きた証というか。それは“大切な人がいるからこそ”生まれる気持ちなんですよね minako kawae

「ピアノマニア」 

mania

「ピアノマニア」
2009年 オーストリア、ドイツ合作

僕がドキュメンタリー映画を見る時に注目するのは
1.予備知識や専門知識がなくても「映画」として楽しめる
2.風景描写やインサート・カットが丁寧に撮影されている
・・・圧倒的にこの2点。

ピアノ調律師の仕事を執拗に追い続けたこの映画
下手をすると、中島みゆき嬢の「地上の星」が流れてきちゃいそうな
危ういシチュエーションでありながらも
実にスッキリと、無駄を排除した編集が見事です!
1年以上も撮影していたとは思えない、すっきりした話し運びと
1年以上撮影していなければ不可能な、登場人物たちの自然な表情

そして、まさにプロの仕事!と唸らせる見事な撮影と録音
奇抜なアングルや照明がある訳ではありませんが
ピアノや演奏会場、そして風景や人物が実にさりげなく美しく
ドキュメンタリーなのに、カメラや照明、録音などの機材や
撮影スタッフの存在を全く感じさせない仕事っぷりは凄いです。


クールな内容の本筋がありながらも、終わった時の痛快な楽しさは
プロを極めた人の誇りや美しさ、そして厳しさが
生きることの楽しさに、しっかり昇華されているから。
97分がアッという間の傑作です♪

フェルトを1枚詰めたことによる音の広がり
ピアノの中に積もった埃の意味
・・・なんてものが、解っても解らなくても楽しい映画です。
DVDが出たら、特典映像がタップリありそう・・・。

【上映予定】
東京 1月21日~(シネマ―ト新宿 03-5369-2831)
大坂 2月4日~(シネマ―ト心斎橋 06-6282-0815)
愛知 2月25日~(名演小劇場 052-931-1741)
静岡 3月10日~(ジョイランドシネマ沼津 055-952-7560)
静岡 3月31日~(静岡シネ・ギャラリー 054-250-0283)

詳しくは作品のHPから



関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment