FC2ブログ

かわえうた

ここぞ!という時には潔く去れるような、そういう人間になりたいと、常に思っています  minako kawae

「生き続けて」の「て」 

「すべては歌のために」~ポップスの名手が語る22曲のプロデュース&アレンジ・ワーク~武部聡志2018年1月23日発売Rittor Music定価(本体2,000円+税)武部さんの足跡を追っても、決して「日本のポップス史が見えてくる」ものではないし、あるのかないのかも分からない「日本のポップス史」には関係なく、武部さんが作って来た音楽しかそこには見えなくて、だから武部さんの創り出す音楽を聴いてるんで。これは武部さんの足跡の本...
Read More

0116 平日の楽園「LOUNGE SOUNDS」  

2018年1月16日(火)平日の楽園「LOUNGE SOUNDS」会場:親不孝通り「VooDooLounge」司会とDJ:ボギー(「LOUNGE SOUNDS」主催)<出演者(登場順)>■司会とDJ:ボギーカバーを1曲その後今夜の出演者を一人ずつステージに集め軽快に紹介初LOUNGEの僕にとっても真摯な人柄が想像できる暖かいフォローで場を温めてくれました話し方が「誰かに似てるな」とずっと考えみてましたが・・・その昔、僕が20代後半に通っていた下北沢のmusic ba...
Read More

ボブ・ディラン「Triplicate」 

収められた歌の多くは長い年月の間、そのままの形で歌われるだけでなく、甘く優しい曲に変えられたり、アドリブの付加や楽器に合わせた編曲が行われたり、骨子だけが生かされたり、過剰に膨らませたり、練習曲になったりして、歌い継がれてきた・・・(中略)・・・(ボブ・ディランが)歌のほんとうの意図を見つけてそれを自分自身のものとしたことで、新しい花を咲かせている。彼は歌に挑戦するのではなく、鋭い見識と音楽への深い造詣...
Read More

たとえうた 

今年も年の初めにランダムにぎゃんちゃんを流したら1曲目は「たとえうた」でした。ま、どの曲が流れて来てもうれしいしことに違いないしその理由も、どの曲でもシッカリ言えるしみんな新しい年の1曲目にはピッタリな曲なわけでただ、最近のライブの唄声を聴けてない身としては1stアルバムの曲も、「絶対に今聴くと違うぞ」と、いうのは過去の数々の例からも明らかなわけで特にぎゃんちゃんの場合は、歌詞から伝わってくる想いもそ...
Read More