かわえうた

会いたい人は海の向こうでも空の向こうでもないところにいるのだ。 minako kawae

春が来た! 

いいですねぇ~ピンボケも、これくらいシッカリ表情を撮れればもう、杉本博司さんの「建物」の領域です。ボカせばボカすほど、そこには真実のみが残る。「完成物からもともとのビジョンをたどるため、私は建築以前の、建築家の想像の中での建物像を再生しようとしているのだ」 杉本博司楽しそうな、でも真剣そのものの「ネタバレ・スタジオ☆」らしくて、とっても素敵なお知らせでした♪and・・・バイオリズムが僕の波長に合ってきたみ...
Read More

ぎゃんちゃんのさかのぼり 

え~どこぞの、○ゆさんの書き込みを調べてみたら「この星の鼓動」の「レコーディング始まりました!」は2006年の2月22日そして、アルバム発売は5月31日。今回の「レコーディング始まりました!」は4月の22日・・・とすると、7月の終わり頃には?と、単純には行かないでしょうが・・・  ワッ♪もう10時間でライブが始まる・・・寝ます。...
Read More

0504 ROSE LIST 

とりあえず、セットリスト♪■12:00~1.いきなりバラの目の前で「桜色舞うころ」2.ベット・ミドラー一世一代の傑作「ローズ」(都はるみヴァージョン)3.ピアノ4.真実5.しあわせ■17:30~1.いきなりカヴァー曲「ローズ」再び2.それでもやっぱり「桜色舞うころ」3.ピアノぐちゃぐちゃ(ぎゃんちゃん:談)「ありのままでそばにいて」4.ぐちゃぐちゃを取り返す入魂の「君の唄」(これでどうだ!文句あっか?)5.ぎ...
Read More

0504  ローズフェスティバル2009 

こちらに・・・レポアップしました。...
Read More

「あのタワーの展望台・・・」 again 

待ちに待った“あのタワー”が再開します♪「それから」で唄われた、ヨコハマの名所マリンタワーがいよいよ、5月23日(土)に、リニューアル・オープンです~☆まだ、行ったことがない方ぎゃんちゃんを知ってから、まだ行ってない方「それから」を聴いてから、まだ行ってない方・・・そんな方に、やっとのオープンです。是非、行ってぎゃんちゃんが唄った、「見えすぎる」景色を体験してみて下さい。・・・もちろん、帰りには「公園前...
Read More

「この星の鼓動」 川江美奈子 

この星にしかない鼓動がある それは、願うってこと 悲しすぎたり、幸せすぎて 忘れがちだけど・・・ 誰かが明日へ向かって進む気持ちを 生かすも殺すも自分次第なんだ だから ひととき じっと抱きしめて 心うまれたこと 私たちの願いこそが この星の鼓動 誰かを思う力こそが この星の鼓動「この星の鼓動」 川江美奈子こんな曲を、生声で聴かされたら・・・そりゃイチコロですね。もう、メロディは想い出せないけどまた聴きたいな...
Read More

Asa Pudding の磯金俊一さん 

■ぎゃんちゃん幻のバンド「Asa Pudding 」川江美奈子(P,Vo) よしうらけんじ(Perc) 磯金俊一(G)あったかい音楽をさがして、旅する3人です。心のこもったオリジナルミュージックをお届けします。 うれしい時、かなしい時、引っ越した時、好きな人を見つけた時、そっと耳をかたむけて下さい。あなたと同じ気持ちの3人が、すぐそばで応援してますよ。Asa Puddinngを、さあめしあがれ。う~めしあがりたい☆・・・この頃の曲は、...
Read More

「60歳のラブレター」いよいよ16日公開 

とてもとてもいい映画でした。アラ還とかアラフォーとか関係なく、60歳ではなくても何かを感じずにはいられないと思います。ここをのぞいてくださってる皆さん、ぜひ観に行ってくださいね!泣きつかれてぐったり椅子にのめりこんだころ、エンドロールに優しく転がるような森山良子さんの声が流れました。曲を書いていてよかったとつくづく思いました。・・・川江美奈子ぎゃんちゃんのとっても優しい感想がよかった「60歳のラブレ...
Read More

0715 「今井美樹 Live Show & Dinner」 

5月20日(水)9時30分よりチケット予約販売開始「今井美樹 Live Show & Dinner」◆開催日:7月15日(水)◆料金:32,000円(税込・全席予約制)◆時間:First Show:ディナー/17:30~ コンサート開演/19:00~     Second Show:ディナー/19:30~ コンサート開演/21:00~※誠に勝手ながら未就学児のお子様のご入場はご遠慮くださいませ。◆お申し込み先:沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハTEL:098-869-8302(...
Read More

そしてぼくは自由になれた。~ボブ・ディラン~ 

ぼくの歌を聴く人たちは様々で、意見も多彩。初期の作品が好きだと言う人もいればもう少し後の作品が好きだという人もいる。キリスト教時代のものが良いとか、90年代の歌が良いという人もいたりして、最近はその歌がいつ作られたかなんて事にこだわらなくなってきたような気がする。歌そのものをストレートに感じ、受け入れてるから、強い思い入れで、勝手にイメージをふくらませたりはしない。歌の中に邪悪な占星術師が出てきたと...
Read More